新着情報

2020.06.12

イベント開催時における新型コロナ感染症対策

新着情報

■イベントの開催について
イベント開催の際は国のイベント開催の指針及び、当該自治体のロードマップに従った開催方法を順守します。

 

■運営時の実施事項

① 運営スタッフはマスク着用。スタッフへの熱中症対策として、休憩時間を増やし水分補修等を励行 。

② 運営スタッフを通常時の必要数より増員する。

③ 運営前にスタッフの体調チェックを実施し、体調不良のスタッフについては現場より外す。

④ 入場前に非接触型体温計を使用し、入場者の体温チェックを行う。

⑤ 待機列が発生した場合は、 並び位置に印をつけ、 周囲の方と距離をとって並ぶように案内。
  来場者数等との兼ね合いになるが 、 整理券 配布方式での運営にも対応する。

⑥ 遊具内への入退場時に、手指にアルコール消毒を実施。

⑦ 入場者へ遊戯中のマスク着用をお願いし、マスクを忘れた方に対しては、用意している予備マスクを提供し対応 。

⑧ エアー遊具等については1回の遊戯時間を5分以下とする。

⑨ エアー遊具の種類については、上部や側面が網やメッシュ状等で通気し、常時換気する遊具を設置し運営する。

⑩ 遊具の入場定員を規定人数より50~70%として運営。

⑪ 運営内容やエアー遊具の注意事項については案内POPを作成し、当該場所へ掲示する。

⑫ 実施する大型 遊具については実施時間1~2間おきに、次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用し、遊戯者が触れる部分を重点的にふき取り消毒 作業。射的銃などの遊具備品については、ご使用ごとに次亜塩素酸ナトリウム溶液にてふき取り作業を実施。

⑬ 運営中に嘔吐や失禁などが発生した場合は、入場者全員を嘔吐物等に触れることがないよう速やかに退場させ、退場したお客様の状況(洋服等に嘔吐物などが付着していないか)をスタッフが確認し、同時に内部では嘔吐物等の処理を行う。
処理方法については別添のマニュアルに沿った方法で実施する。作業完了まで約20~30分程度、該当遊具については 運営を中断し対応。

⑭ 大阪府が運営する【コロナ追跡システム】を活用。QRコードをイベント会場へ設置し、参加者へ対して登録をお願いする。
このほか必要とされる事項が生じた場合随時実施項目を追加し、新型コロナ感染だけでなく、そのほかの感染症にも併せて対策を講じていくものとする。